保湿ケアが大切

アトピー肌の方はどのようにスキンケアをするべきなのでしょうか。基本は皮膚を清潔に保つことです。そして、保湿をすることです。この2つをきちんと行うことによって、肌のバリア機能を高めることができて、結果的にアトピーを防ぐことができます。

スキンケア体を洗う際には石鹸をしっかりと泡立てて使ってください。石鹸の種類はうるおいを残すことができて、皮脂を取り過ぎないようなタイプにしましょう。石鹸は皮膚に残らないようにしてしっかりと洗い流してください。お風呂については長時間つからないようにしましょう。また、高音のお風呂も避けるべきです。保湿成分の含まれている入浴剤はおすすめです。

保湿をしたいならば、入浴したあとにすぐに保湿剤を使いましょう。お風呂から出たあとに何もしないとどんどん肌が乾燥してしまいます。保湿剤については、目や耳の周りもしっかりと塗ってください。症状が出ていないときであっても、常に保湿を心がけるようにしましょう。

以上の点に気をつけていれば、基本的には問題ないでしょう。毎日継続してケアを行うことが大切です。肌の状態を少しずつ改善させていきましょう。スキンケアをすることでアトピーの予防となります。健康的な肌を手に入れましょう。

バリア機能が重要

肌トラブル肌にはバリア機能というものがあります。これが正常に機能していなければ、アトピーはどんどん悪化してしまうでしょう。肌の表面には角質層があります。これがうるおいをキープする機能を果たしています。これによって肌が乾燥してしまうのを防ぐことができて、外部の刺激から肌を守ることができるのです。バリア機能が正常に働いているならば、肌は乾燥することがなくなります。したがって、乾燥肌や敏感肌の方はバリア機能が低下しているといえるでしょう。

肌というのはターンオーバーによってどんどん新しい角質層が生み出されているのが普通です。このターンオーバーが乱れてしまうと角質層内にしっかりと保湿成分が存在しないために乾燥しやすくなってしまいます。角質層にすきまができてしまい、そこから異物が入り込みやすくなります。また、どんどん水分が蒸発しやすくなってしまい、乾燥してしまうのです。

バリア機能が低下してしまい刺激を受けやすくなると免疫系が反応します。これによって炎症が起きてしまうのです。免疫系にもやがて異常が生じてしまうようになり、アトピーになりやすくなってしまいます。そのためアトピーを解決するためには肌のバリア機能を整えることがまずは必要となるのです。

アトピーの理由

そもそもどうしてアトピーになってしまうのでしょうか。これにはいろいろな理由があります。遺伝的な要因によって発症してしまうこともあるのですが、生活習慣の影響を受けてしまうこともあります。たとえば、ダニやカビが原因となっているケースは多いです。これによってアレルギーが生じてしまい、それがアトピーに発展してしまうのです。

アトピーにかかっている方は皮膚のバリア機能が低下しています。これによって、さまざまな刺激を受けやすくなっています。皮膚の中にどんどん異物が侵入できる状態となっており、それによって免疫系が過剰に反応してしまい炎症が起きてしまうのです。これがアトピーです。刺激としては、上記で説明したダニやカビだけではなくて、石鹸や化粧品などの化学成分、あるいは皮膚の汚れや汗などの影響も受けてしまいます。また、疲れや悩み、緊張などのストレスによってアトピーの症状が悪化してしまうこともあります

基本的には皮膚がきちんとバリア機能を発揮することができないためにアトピーになってしまうと考えられています。そのため、バリア機能を整えることがとても重要です。アトピー肌になっている方に共通しているのは、バリア機能が失われてしまっています。