Pocket

そもそもどうしてアトピーになってしまうのでしょうか。これにはいろいろな理由があります。遺伝的な要因によって発症してしまうこともあるのですが、生活習慣の影響を受けてしまうこともあります。たとえば、ダニやカビが原因となっているケースは多いです。これによってアレルギーが生じてしまい、それがアトピーに発展してしまうのです。

アトピーにかかっている方は皮膚のバリア機能が低下しています。これによって、さまざまな刺激を受けやすくなっています。皮膚の中にどんどん異物が侵入できる状態となっており、それによって免疫系が過剰に反応してしまい炎症が起きてしまうのです。これがアトピーです。刺激としては、上記で説明したダニやカビだけではなくて、石鹸や化粧品などの化学成分、あるいは皮膚の汚れや汗などの影響も受けてしまいます。また、疲れや悩み、緊張などのストレスによってアトピーの症状が悪化してしまうこともあります

基本的には皮膚がきちんとバリア機能を発揮することができないためにアトピーになってしまうと考えられています。そのため、バリア機能を整えることがとても重要です。アトピー肌になっている方に共通しているのは、バリア機能が失われてしまっています。